JAL(日本航空) 国際線 プレミアムエコノミーとエコノミー座席との違いを比較してみた

さて、プレミアムエコノミーなるクラスが搭乗してから久しくたちますが、実際にどういったクラスなのか体験してきましたよ。

どこが違うか確認してきました。

シートがまったく違う!

一番のメリットはリクライニング

百聞は一見にしかず。こちらがプレミアムエコノミー。2列+4列+2列。

エコノミーは2列+4列+3列。

シートはエコノミーと比べてもリクライニングやシートピッチも明らかにプレミアムエコノミーに軍配。

すこしですがパーテーションもあったりします。

リクライニングは座面もスライドして、リクライニング時も後部座席に迷惑がかからない構造。

アメニティも充実

こちらがプレミアムエコノミー。

こちらがエコノミー。

スリッパはエコノミーと素材が違いますな。

飲み物の種類が増える!

少しだけリッチな気分を味わうことができます。

国際線の楽しみの一つに「飲食」がありますが、

機内食はエコノミーと同様です。

ですが、

飲み物が少し違います。

プレミアムエコノミーではシャンパン、

焼酎

ペリエをいただくことができますよ。

いかがでしたか?快適性ではプレミアムエコノミーが断然おすすめですが、機内食やアメニティなどソフトサービスの部分ではあまり変わらないように感じました。あとはエコノミーとプレミアムエコノミーの価格を比較して選択することをおすすめします。

というわけで、よい旅を!

その他の機内レポートはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です