JALの非常口座席は快適なのか? 737-800編。

突然ですが、

JALのクラスJの人気っぷりは時として辟易とするくらいのものでして、

普通席はガラガラなのにクラスJだけは満席

という状態って良く見るわけです。

11

そんなときにはむしろ1,000円はらって乗るより

普通席の後ろのほうで隣がいない席でどーんと3席分くらい使って

ゆっくりしたほうがよっぽどくつろげると思うのですが。

で、

そんな中でのねらい目はナンといっても

  • 非常口座席
14

非常口座席はシートピッチが広いのは周知の事実ではありますが、

上級会員でないと、事前座席予約とかできなかったりするわけで、

なかなか機会がなかったりします。

で、

今回は空港カウンターでリクエストして変更してもらいました。

17

機材は737-800。

23

で、

この機材の非常口座席は22列と23列。

24_2

非常口座席の前の21列と比べても足元の広さがぜんぜん違うわけです。

で、

離陸前に必ずフライトアテンダントの方から

「シートポケットに入っているこちらの注意事項をお読みくださいませー。」

19

って声をかけられるわけです。

で、

ここで実は落とし穴があるのですが、

  • 非常口座席の前の列はリクライニングできない構造になっている。

という大原則があります。

せっかくシートピッチを広くして万が一の際の避難通路を確保しても、

前のシートが倒されていたら、避難に支障をきたすわけです。

というわけで、21列目のシートを見るとボタンの横に、

16

ちゃんと

「この座席はリクライニングできません」との表記が。

でですね、

今回利用した22列目も23列目が非常口座席なので、

実は非常口座席でありながら、非常口座席の前のためリクライニングができない席

となるわけです。

なので、

22列目の非常口座席にはリクライニングのボタンすらありません。

12

ちなみに23列目にはきちんとあります。

13

というわけでまとめるとこんな感じ。

10

21列目と23列目では同じ料金とは思えないほど

快適さが違います。

23列目は

  • シートピッチが広くて、
  • リクライニングできるけど、
  • 前の席が倒されることは絶対ない

わけで、

21列目は

  • シートピッチは普通で
  • リクライニングはできないけど、
  • 前のシートは倒される可能性がある

ということですな。

で、

その他特徴的なところをつらつらと。

ブラインドは他の窓は「下にさげる」のが普通ですが、

ここは「上にあげる」パターン。

22

窓際の肘掛はこんな感じ。けっこう絶妙なポジションにあって意外と使いやすかったなー。

15

それから、テーブルは肘掛から出すタイプ。

20

で、

外の景色の見え方は、

もちろん翼がメインになります。

21

これはこれできらいぢゃないのですが。

ただ、

前方に目をやると、エンジンの先に富士山が見えたりすることもあります。

18

まとめると、

737-800はダメ元で

  • 23列目

を窓口で聞いてみるのがいいかもですな。

ただしお子様等は座れなかったり、荷物が席に置けなかったり、制約もありますが。

ちなみに22列目はリクライニングこそできませんでしたが、隣がまったくいなかったこともあり、快適でした。

国内線だと90分のフライトでもリクライニングできる時間って1時間もないですからね。

というわけで、

みなさん良い旅を!

その他の機内レポートはこちら。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です