旅するレストラン 52席の至福 西武鉄道

さて、電車の中で美味しいフレンチをいただくことが出来ると聞いて、西武秩父駅にいそいそと。

すでに、ホームの表示は「旅するレストラン52席の至福」の表示。

そして電車が入線して来る際にはアテンダントの皆さんが深くお辞儀をして迎えます。

車両はすべて四季とトランプのマークがデザインされており、ディナーコースの案内もトランプ。

外環もそれぞれの車両に四季をあしらっております。

そして、レッドカーペットが敷かれて、いよいよ店内へ。もとい車内へ。

車内あ2名掛けと4名掛けのシート。

先頭車両はこんな感じ。それぞれの天井のデザインも違いますな。

そして反対側の先頭車両は多目的スペース。普段は特に使用しません。

そしてキッチンカーではすでにシェフの皆様が調理の真っ最中であります。

で、いよいよ出発!

ちなみにカトラリーもすべてトランプのマーク。

で、まずはスパークリングワインで乾杯!グランドインペリアルブリュット。

そして、前菜から。

わ・わ・わ~感動で彩る三色のオードブル。

紅油雲白肉~薄切り豚肉のガーリックソース わさび菜サラダ添え

すっぽんの冷し茶碗蒸し

燻製下帆立貝と焼きナスのたらし焼き

そーなるとプレミアムモルツマスターズドリーム。

そしてスープは

岩魚すし キュウリとキウイのグリーンガスパチョ。

よくみるとちゃんと岩魚が入っております。

そーなると秩父ブラン セイベル9110。

で、メインは

蜜汁火局牛肉~牛肉の豆鼓オーブン焼き 四川の香りをのせて~

この赤身感がたまりません!

そーなると秩父ルージュ マスカットベリーA。

そして車内ではミニコンサートも。

そして〆の麺は夏が薫る鮎の冷汁うどん。

そしてこの車両で飲むべきはイチローズモルト「52席の至福」プライベートボトルですな。

こちらはショットでもいただけます。

最後にアテンダントの方からメッセージつきのお土産をいただいて、

デザートまでしっかりいただいてご馳走様。

で、あっという間の西武新宿駅到着。2時間20分の旅でした。

ちなみに今回は夏に行ったのですが、コースはもちろん季節によって変わるので、いつ行っても楽しめますな。

ご一緒した方も喜んでいただいたようで何より。

アテンダントの皆様のホスピタリティにも感謝。

というわけで、よい旅を!

●参考●出発進行サイトのレポートはこちら。

その他の観光列車のレポートはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です