東京ドイツ村 イルミネーション チャイナランタンフェスティバル

さて、

7年ぶりの参戦であります。

2012年のイルミネーションレポートはこちら。

今回は車一台2,500円でありました。

夕方には一見すると何もない丘が、

夜にはこうして光の丘になるわけです。

というわけで、せっかくですので丘の上から散策開始。

建物ももちろんイルミネーションで飾りつけ。

そしてその奥には一面のイルミネーション。

定番のイルミネーショントンネルもありました。

中に入ると全身がイルミネーションに包まれます。

そしてせっかくなので観覧車。一人500円。

やはり上から見るとその大きさがわかりますね。トンネルの先には、

イルミネーションの丘を楽しむことが出来ます。

ちなみに上からではなくイルミネーションの近くからだとこんな感じ。

インスタ映えしそうな記念写真撮影スポットもありました。

そして巡回するトラムは1台2,000円。最大6名まで乗ることができます。

そしてイルミネーションを観た後は、

こんかいの お目あての「チャイナランタンフェスティバル」へいそいそと。

こちらはドイツ村の駐車場とは別に一人2,000円の入場料金がかかります。

そしてゲートをくぐると、

たくさんのランタンがお出迎え。

とてもキレイなランタンばかり。

そして池に浮いている船が水面に写って「逆さランタン」も楽しむことが出来るわけです。

そのほかにも時代を代表するランタンもたくさん。

それをゆっくり見て回ります。

始皇帝や、

三国志、

孫悟空もありました。

そして、再び池に浮いているランタンを見て、

しばし感動。

その横には多数のパンダもありました。

そしてボート乗り場にも白鳥や蓮のランタンが。

ボートの代金は1台20分2,000円。

そしてバラのランタンを見て大団円。

ちなみに中国雑技団のステージもありますよ。

こちらの変面は見る価値ありでございます。動画でどうぞ。

さらにちなみにお子様連れで夜間に暖をとりたい場合は、チャイナランタンフェスティバルの会場を出たあたりに

ボルダリングもできるキッズコーナーがありますよ。

というわけで、よい旅を!

前回(2012年)のイルミネーションのレポートはこちら。

店名 東京ドイツ村
ジャンル 観光スポット
お問い合わせ 0438-60-5511
入場料 普通車1台2,500円(チャイナランタン入場には別途1人2,000円)
住所 〒299-0204 千葉県袖ケ浦市永吉419
交通手段 館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」より約3km、5分
営業時間 ◆イルミネーション(2019/1/3~2019/4/7)
9:30~21:00 (最終入園 20:30)
◆通常営業日(上記以外)
9:30~17:00 (最終入園 16:00)
定休日 年中無休
入場料 イルミネーション期間中は駐車場代のみ
支払い方法 現金

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です