駅弁食べ比べ だるま弁当vs峠の釜めし

ま、

でも、

でも、

お腹がすくわけです。

というわけで、

駅弁も旅の楽しみの一つですな。

というわけで、長野新幹線での両横綱といえば

峠の釜めしとだるま弁当。

そりゃ、

食べ比べをしないわけにはいきません。

まずは、

峠の釜めし。

Dsc08038

中味はこんな感じ。

Dsc08064

鶏肉、筍、ごぼう、しいたけ、栗、杏、うずらの卵、しょうが酢漬、グリンピースが乗っています。

そして、対峙するはだるま弁当。

Dsc08040

中味はこんな感じ。

Dsc08044

山菜煮(蕨・筍・えのき茸他)、蒟蒻煮、鶏肉焼き、椎茸煮、筍煮、鶏八幡巻、花豆煮、栗甘露、山くらげ漬、小なす漬、山牛蒡漬。

さすがにたかべん制作なのでSL弁当とちと中身が似ています。

ちなみに、峠の釜めしの容器は益子焼き。だるま弁当はプラスチックだけど貯金箱として利用可能。

どちらも「食後」まで楽しめますな。

うーん、

ここまで書いて、なんか

  • デジャヴ感満載

と思っていたら、

しかも前回より1品少ないし。

もう年かな。

ともかくご馳走様でした。

●おまけ情報

ちなみに両方のお弁当とも、新幹線の車内販売でも買うことができます。ですが当然数量限定ですので、車内販売が通ったときにはすぐに聞いてみましょう!

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA