アイロボット ルンバ690と890の違い徹底比較

さて、昨年にひきつづき、

アイロボット ファンプログラムの企画でルンバのモニターに参加しています。

昨年は690だったのですが、今回は890をお借りすることが出来ましたのでそちらのレビューをつらつらと。

違いその1:ブラシの形状がまったく違う!

吸引力大幅アップ
600シリーズと800シリーズの大きな違いはこのブラシであります。

百聞は一見にしかず。

こちらが690シリーズ。

こういったブラシ式になっております。

それが800シリーズでは「Aero Force エクストラクター」なるものがついております。

これによりゴミ吸引量がアップしたとのこと。

実際に我が家でも両機種とも使ってみましたが、800シリーズのほうが1回当たりに取れるゴミの量が多かった印象があります。とくに「綿ぼこり」の量が圧倒的に違いました。

違いその2:フィルターの形状が違う

800シリーズはさらに進化

こちらも実際に見てみましょう。

600シリーズはこんな感じ。

AeroVacフィルターなるものがついております。

一方、800シリーズは「ダストカットフィルター」がついております。

これにより、微細なゴミもカットする性能が大きくアップしたとのこと。

先ほどのローラーとセットでかなり強力なゴミ吸引が出来るわけですな。

違いその3:ゴミフルサインが付いている

吸引力がすごいので実は重宝

違いの3つ目は地味ながらも便利だった機能の紹介。

実は600シリーズには無かったのですが、ダストボックスが一杯になると「ゴミフルサイン」が点灯するんです。

先ほどの吸引力と相まってゴミの量もたくさん取れるようになったので、このサインがあるのはとても重宝するわけです。

いかがでしたか?600シリーズと800シリーズの大きな違いをまとめてみました。

ルンバ選びの参考にしていただければ幸いです。

●その他のルンバレポート

アイロボット ルンバ690 開封から設置までが簡単で驚いた。【本体準備編】

アイロボット ルンバ690 開封から設置までが簡単で驚いた。【アプリ設定編】

アイロボット ルンバ690を利用して感動した4つのポイント【実践編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です