刀削麺 西安飯荘 五反田

先日、五反田で「新年会」を実施したときに利用したお店がこちら。

刀削麺で有名な「西安飯荘」というところ。

Dsc06842

ここでは鍋も有名らしいのだが、人数が少なかったので、

居酒屋風に単品をつまみながらトーク、というパターンにした。

まずは「シャンツァイのサラダ」。いわゆる「パクチー」。

Dsc06828

生まれて初めてこれだけの量、というか「シャンツァイだけ」という料理を食べました。

私は生春巻きに入っているパクチーは苦手なのですが、コレだけ食べたほうが美味しいんじゃない?と思うくらい味が違いました。生春巻きだとエビの甘みとパクチーの苦味がどうしても口の中でケンカしてしまいますが(と食通ぶってみる。)、このサラダ仕立てはいいかも!

といってもパクチーがまったくNGの人には「バツゲーム」以外の何モノでもありませんが。

フツーに香草を食べることが出来る方であればガンガンいけます。

Dsc06831

ちなみにこの「蒸し鶏」と、さっきの「シャンツァイ」を合わせても美味。

初体験だったのはそれだけではなく、

「冷たい麻婆豆腐」。

Dsc06833

今まで食べたことのない味でした。これはもう「麻婆豆腐」というより、

  • 「ピリカラあんかけ冷奴」

と思って食べたほうがイメージに近いと思います。

最後は「酸辣麺」で〆。

Dsc06839

いつものことですが、

食べて飲んで会話して、あっという間の2時間でした。

こういった「気のおけない」集まりがとっても会社生活を充実させてくれるような気がします。

料理はピリっと辛いモノが多かったのですが、今回のトークネタは「甘辛煮」と行ったところでしょうか。

ご馳走様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です