JAL 日本航空 ビジネスクラス SHELL FLAT SEAT(シェルフラットシート)ガイド

JALエグゼクティブクラス「SEASONS」には現在、

という3つがありますが、今回はシェルフラットシートとスカイラックスシートを徹底比較。

まず、シェルフラットシートですが、窓際は2列、

Dsc00766

中央は3列という組み合わせ。

Dsc00765

モニターは10.4インチ。けっこう大きくて見やすい。

Dsc00768

一方スカイラックスシートはこんな感じ。

Dsc04689

こちらも2列+3列+2列の組み合わせ。

ですがモニターは肘掛の中に格納されていて、

Dsc04701

引っ張り出して楽しむタイプ。

Dsc04770

一方、足元のスペースですが、シェルフラットシートも

Dsc00777

スカイラックスシートも余裕があります。

Dsc04735

で、

一番の違いはシートレイアウとの豊富さ。

スカイラックスシートは4種類ですが、

Dsc04706

シェルフラットシートはこんな感じ。

Dsc00779

そして、「ほぼフラット」になります。

Dsc00801

フルフラット・ポジションではベッド長190cm(最大時)、ベッド幅59cm(ベッドモード時)になるので、快適そのもの。

つつまれた感じで眠ることができます。

そのほかに両方の共通サービスとしては、

「MAGIC」の搭載によりビデオオンデマンドで好きな時間にいつでも映画やゲームを楽しむことが出来ます。

Dsc00842

ちなみに、マージャンとかは機内の対戦も可能らしい。さすがに1人で遊びましたが。

Dsc00864

将棋もあります。

Dsc00900

で、食事はどちらもフツーに美味しくいただけました。

シェルフラットシートの夕食(和食)

Dsc00851

刺身もあります。

Dsc00855

洋食はこんな感じ。

Dsc00857

一方スカイラックスシートの夕食(和食)と、

Dsc04736

洋食はこんな感じ。

Dsc04741

ま、行きと帰りですからそれぞれ違うのは当たり前なのですが。

でもワインリストはどちらも充実。

Dsc00821

で、

フライトアテンダントの皆さんに、

「ラベルを撮らせてもらえますか?

ってお願いすると、どの方も快く応じていただけます。

Dsc00861

だから、たくさん飲んじゃうわけです。(笑)

Dsc04745 Dsc04778 Dsc04779 Dsc04782

なんか、シェルフラットシートのガイドのはずが、

最後はタダの飲みネタになってしまいましたが。

ま、

でも言いたかったことは、

  • とても快適に過ごせる

わけで、成田のサクララウンジを利用できたりすることを考えると、値段の価値はあると思いました。

フライトアテンダントの皆さんもとても親切だったし。

それと、シェルフラットシートの開発秘話を見るとその快適さの理由がわかる気がします。

次はNEOにトライだなー。

さすがにファーストクラスまでは手が出ませんが。(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です