めがね橋 軽井沢 碓氷峠(碓氷第三橋梁)

レンガをなんと200万個も使って作った国内最大級の橋があると聞いて軽井沢にいそいそと。

近くの駐車場に車を止めて、

てくてく。

すぐに目的の「めがね橋」が見えてきます。

今回はあいにくの雨模様でした。

そして3分ほどで、めがね橋バス停に到着。バスで横川と軽井沢間を利用する場合には下車すると、すぐに「めがね橋」が見えます。

これが全容。壮観であります。

そしてこの中央の通りからめがね橋の上に上がることが出来ます。

陸橋をくぐって、

階段を上ります。

歩道は整備されているのでとっても歩きやすい。

あがったところが、昔の信越線が走っていた場所。

めがね橋の上はこんな感じです。ここを列車が走っていたと思うと感無量。

見下ろすとこんな感じ。

バス停の位置は車道と歩道の間にスペースがある位置ですな。

そして振り返ると、

トンネルの中も歩けるようになっております。

今回は時間が無かったので、トンネルの向こうには行かずに先ほど来た道をもどります。

橋を下から見上げるとこんな感じ。すごいなあ。

当時の技術でここまでの工事をした先人に頭が下がります。

そして再び駐車場へ。

雨の日はこんな感じ。

観光シーズンですともう少し込むと思いますよ。

というわけでよい旅を!

●碓氷第三橋梁
・住所:群馬県安中市松井田町坂本 地内


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*